タイトルイメージペンション ぶるーすはーぷ
本文へジャンプ  
             
スリッパどのスリッパにしようかなー
















ぶるーすばばちゃん手作りのアートフラワー、力作揃いです。

■■ファミリーのお客様へ■■

ペンションぶるーすはーぷは「小さなお子様連れのお客様でも安心して泊まれる宿」として1998年10月オープンしました。
私共にも平成7年4月生まれの男の子がおります。実はこの子は結婚7年目にして突然!生まれたのですが、自分たちに子供が出来て初めて「子連れ旅の大変さ」を身を持って知りました。子供を連れていると、不便な事、気を使う事って多いですよね。
汽車     


   
 車遊びそれまでは山梨県で5年ほどペンションをしていたのですが、必ずしもファミリーのお客様には、快適な宿でなかった様な気がします。若いカップルに囲まれた夕食時、はしゃぐ子供を注意しながら、周囲に気を使って自分の食事もそこそこに子供と部屋に帰るお母さん。冬なのに廊下や階段は滑りやすくて危ないと靴下を脱がされた子供。子供が寝てから夫婦でゆっくりお酒でも…と思いながら、部屋に残した子供が心配ですぐに部屋に戻っていたお父さん。何れにしても、せっかく旅行に来たのに、ゆっくり宿でくつろげない・・・。




ドアプレートそんなご家族を見てきましたし、又、私達もいわゆるファミリー向けのペンションなどに泊まり歩いて現状にがっかりさせられてきました。

そんな事をふまえて、この黒姫高原でのペンションは、大人も子供も安心してゆっくりとくつろげる宿として、ダイニングと隣接した子供のためのプレイルーム、安全でクリーンな全館床暖房(ハンドメイドで1年かかりました。)とりわけしやすい、お箸で食べる和洋中折衷の夕食、お子様ランチ風の楽しいキッズプレート。年齢別実費別のわかりやすくてお得な料金体系。とにかく、お子様連れのお客様を前提としています。


皆で人生ゲームカップルやグループのお客様も宿泊してはいただくのですが、広告等ファミリー向けの雑誌類に出ているだけで、実際のところご予約はほぼございませんが、希に結婚が決まっているカップルだったり、今のところ子供がいないご夫婦だったり、私達の知人関係だったりしますので、「予約の際に小さなお子様が多いですがよろしいですか?」というように応対しておりますので。予約の際は、「子供がいるのですが…」というように、気を使う必要はございませんので、お気軽にお問い合わせください。


スキーが大好きな看板息子の圭舗(当時2才8ヶ月)と体育会系出身のぶるーすママ。
リス冬リス春フロント裏にえさ台を設置しています。
夏の終わりからゴールデンウィークにかけて,ヤマガラ・シジュウカラ・コガラ・ゴジュウカラ時折赤ゲラなんかがやってきます。
秋から冬にかけ(3月下旬くらいまで)ホンドリスのリスぞう君と一回り小さ目のリスこちゃんがやってきます。
左の写真はチョット見ずらいのですが1月頃のリスぞう君がブランチをとっているところです。

プレイルームダイニング隣接の
プレイルーム、子供と遊ぶのもよし、久しぶりにゆっくりご夫婦で話すのもよし。

ベビーモニターベビーモニター(コンビ社製)2台無料貸出しています。子供さんが寝たら、ダイニングでゆっくりお酒でもどうぞ。

コスモスカップ最年少賞のハヤト君とリョウヤ君
ものすごく嬉しそうです。
館内には、いわさきちひろの絵がいっぱい。温かみのある色彩や絵のタッチがなんとも言えずマッチ。黒姫童話館裏には、ちひろの黒姫山荘が移築されており、ぶるーすはーぷ内の絵は童話館で購入したものです。





〒389-1303 長野県上水内郡信濃町野尻1846-5
キッズペンション
 ぶるーすはーぷ
電話・FAX:026-255-6541
IP電話:050-5552-2306
mail :
pension@blues-harp.jp
URL http://blues-harp.jp/